俳句

2018/11/30

短歌;

ジジババと 分類される 今もなお すれちがう美女 一撃強し
年末も 新年もただ 飯食う男 テレビも暗し

俳句:

タワマンに 夏の風ふく お地蔵さん 

タワマンの テラスに地蔵の 影長し

春冷えの 七色の噴水 雲を裂き

春なれば 通りゆく美女 地蔵に涙

精悍に はやぶさ舞いて 藤の花

桜散る 川面を逆上 ヘリコプター

夜桜の 伸ばす指さき 凍りつき

前だけを 見て走るランナー 桜降り

満開の 桜に重なる 赤リボン群

早春の 冷たき風に かすむ

春の嵐 むくむく湧く 入道雲

バシバシと 鳴り響く波 冬の宿

氷上の 貴婦人滑る マチスかな

雪つもり バス停かすむ 最後尾

じゃれ渡る 母と子の足 雪つもる

公園に 集まりし母子集団 寒気とばす

大晦日 満員電車は ブラック

暖冬の 落葉ずしりと 竹ほうき

暖冬の 大気を吸いし 紅葉かな

フェルメール 黒髪の長蛇 杜の上野

くりすます ラブリーナイトの 熱き唇(クチ)

クリスマス 男ひとりの ケーキ買い

干竿に 胴体着陸す 赤トンボ

晩秋の 空に溶け込む 白き月

園児らの 笑顔あつめ 母走る

赤信号 指絡め待つ 落葉かな

公園に 降り注ぐ太陽 冬の影