2018年、2017年、2016年申年の初夢

2016/01/10


2018年(平成30年)

2018年もついに半分が過ぎようとしている。
今は6月、梅雨である。今年は地震が頻発している。
6月17日の日曜日は正午ごろ前橋市を中心に群馬県で震度5が。
そして今日18日の午前8時前に大阪市北部を中心に震度6の地震に見舞われ、新幹線も午後5時ごろには正常に戻った。
一方、モスクワ市ではワールドカップが始まって世界中が狂気のように興奮し、NHKのゴールデンタイムも連日サッカー日本代表を詳細に報道している。
 日本はいつまた震度7以上の巨大地震に見舞われる危険性の中にいるのだ。

先月の5月で一人暮らしも満4年が過ぎた。まさに光陰矢のごとしがピッタシ。
気楽な一人暮らしに順応してきた。表向きは同情的な周囲の目も無関心になっている。去る者は疎しのことわざとうり。
またこれから新しい日々がはじまるのだろうか。



2017年はトリ年。(平成29年正月)

 
 1年が過ぎた。いや、もう3月12日だからプラス2ヶ月半。

1年前に申年の夢を書いて以来420日以上が過ぎ去った。
 1年ごとに時間の感覚は短縮していく。
90才を過ぎると1年が1週間並みの長さにしか感じられない。

 100才を越えても心身ともに大きな変化をうけずに元気で生活を続けている人が増えた。人類の確かな進歩の証だ。
 ボケずに年をとっていくと現在正常に活動している大脳生理学的desireはどう変わるのかな。
未知の世界の事を今ああだこうだと想像しても意味は無いか。

 今日、1ヶ月振りにベランダに野良猫が姿を現した。庭のカーペットにのんびりと寝そべって私をみつめていた。
 1ヶ月前に我家の2階のベランダに現れたときは庭石の上にキッチと正座し身動きせずに正面をむいていたのと同じ三毛猫だ。
 その時はしばらくの間、ベランダと居間を仕切る1枚のガラス戸越しに私と猫は向き合っていたのである。
初回の出会いではその三毛猫は私の顔をじいーっと見詰めていた。瞬きをまったくしないで。

 その時は2年半前に死んだ女房が猫に姿を変えて最後の別れに来たんだと思いこんだ(笑い)。そのくらい猫らしからぬ気品が全身から感じられたのだった。科学的根拠がないって?

しかし、今日はどうだ。
だらんと寝そべって、しかし油断のならない野良猫特有の眼差しで私をきつく見詰め返している。
正座していた彫刻のような気品は全く見られない。
ただの野良猫に戻っていた。
私はあくびをして椅子から立ち上がり、ベランダをあとにした。
新年の「野良猫の幻想」は終った。

 2017年の正月は東京湾を真正面に望むインターコンチネンタル東京ベイホテルで迎えた。
鏡のような淡いブルーの色合いが湾外まで平らな東京湾。
白黄金色に輝きを漂わせる青い海に差し込む放射状の光の帯。
初日の出だ。
白光の太陽がゆっくりと上昇していく。

そしてあッと言う間に太陽はその姿は膨張し黄金の丸い球体に変化した。岸壁に立ち並ぶ倉庫群の屋根の上をどんどん上昇していくのを見ると新しい年が始まったのだと実感する。


(猿)年の初夢    平成28年元旦        

今年は申年。

猿年と書いたほうが今の自分にあっている。

何しろ一日中、朝起きてから寝るまで高崎山の猿さながらに動き回っているからだ。
彼らは群れをなしてるけど、こっちは一人だ。

猿年は去る年でもある。

長年連れ添った家内が亡くなって1年8ヶ月。思い出は消えることはないだろう。
心の底の休火山はときに噴煙をあげる。

2016年の正月3ケ日は東京タワーに近いホテルの高層階ですごした。

海の見える部屋ではなく東京タワーに向き合っていた。

元旦は晴天にめぐまれこのホテルの上層階からも初日の出が見えたと言う。

 33階のレストランからはま近かに東京湾とレインボウブリッジの優雅な姿が見える。窓の外は最新の超高層ビルが数多く林立してる。
立体化した180度のパノラマ的眺望の東京の街もなかなかの景観に変わりつつある。

 アメリカ製のTVドラマではニューヨークを舞台としたストーリーが多い。立ち並ぶ超高層ビルの一つ一つの俯瞰影像が眼前に現れては消えていく。この迫力にならぶ都市はない。

 東京の都心もまだニューヨークには距離をあけられている。

この世界一のバックグラウンドこそ、TVドラマに真実みを付加し、人々を引きつける原動力だ。

しかし、あなたも、バーチャルなTVの世界より遥かにリアリティーな世界を身じかに体感できる。

ここ東京都心の高層ホテルで。

 窓から突き出たテラスに出てライトアツプされ光輝く夜空に伸びる東京タワーを見上げよう。
心ひかれる美女をぎゅっと抱きしめたまま熱い唇を重ねる時だ。
アドレナリンは体内を駆けぬけ、脳細胞は
βエンドルフィンで満たされる。

女の硬直した舌をしっかり絡めとる。
唾液が溢れ、そのままお互いの口腔深くに流し込む。

 

二つの唇はいつまでも離れない。
夜の闇の中に東京タワーの黄金の光を背景に時は止まり二人の身体は一つに溶け合って動かない。

 絶対的な孤独と向き合いながら苦しさと癒しの時間を生き続けて来たあなたの心はこの瞬間至福に満ちている。そして輝く星くずたちをちりばめた天空に吸い込まれていく。


現実の世界に生き続ける宿命を背負った私たちは過ぎ去ったものをいつまでも追い求め続けない。

人間として生物として我々は生命への執着と欲望か逃れられない。 
そして求めるのはあくなき明日の出来事だ。