日本糖尿病学会による糖尿病の診断基準

2014/11/13

1型ーーーβ細胞の破壊による絶対的インスリン欠乏

成人殊に中年以降に発症してくると診断が難しくなるタイプー特発性(原因不明のもの
2型ーーーインスリン分泌低下を主とするもの、
     インスリン抵抗性が主体でインスリンの相対的不足

その他、特定の原因によるもの

 1.―――ベータ細胞機能の遺伝的異常(ミ トコンドリア異常、MODY症候群
 2.ーーー他の疾患、条件に伴うものーーー膵外分泌疾患  
     内分泌疾患(カッシング) 肝疾患  薬物や化学物質によるもの  感染症
 3.ーーー稀な免疫学的異状(stiffmann症候群)   
 4.ーーーその他の遺伝的症候群
 5.ーーー妊娠糖尿病

☆ 次のいずれかに基づいて診断する
1. 糖尿病の症状があり、かつ随時の血糖値が > 200 mg/dl
  空腹時血糖値が > 126mg/dl
2. 75gブドー糖負荷試験の2時間値が200mg/dl以上
3. 別の日に行った検査で2回以上確認できれば糖尿病と診断してよい。

  ✫これらの基準値を超えても、1回の検査だけの場合は糖尿病型。
  ✫糖尿病型を示し、次ぎのいずれかの条件が満たされれば1回の検査だけで糖尿病と診断。
    ☞糖尿病の典型的症状(口喝、多飲 、多尿、体重減少)の存在
    ☞HBA1c >= 6.5%(0.4%プラスが国際基準値)
    ☞確実な糖尿病性網膜症の存在

◆過去において上記のいずれかが満たされたことがあり、それが病歴などで確認できる。
◆糖尿病の診断にさいしては、糖尿病の有無のみでなく、成因、代謝異常、合併症なども把 握する。