ダイエット療法

2014/11/13

      ダイエット療法

イタリアの田舎風スープ おせち
 
 狩猟の獲物と野原や森あるいは海、湖沼で採集したものを主食としていた古代人の食生活と現代人のそれと比較する研究が活発です。
 自然界の動植物だけを食べていた人々の食生活は、人工食品に取り囲まれ、生活習慣病に悩む現代人の興味をを強く引きつけるからです。
 世界中の医学、栄養学者が過去から論争を繰り広げ、今も続いているのが高脂肪食か、それとも高炭水化物を主とする食事が糖尿病予防により有効かと言う論争です。
この論争は決着がつかずに現在も続いています。
参考までに現在ひろく提唱され、双方で活発な論争を繰り広げている代表的なダイエット以下の通りです。
 
  古代人   アトキンズ オルニシュ  地中海食
蛋白質 19~35 18~23 15以下 16~23
炭水化物 22~40 4~26 80 50
総脂肪 28~47 51~78 10以下 30
飽和脂肪
一価不飽和脂肪
多価不飽和脂肪
Omega-3脂肪
(数字は%)
   オルニシユ食:オルニシユ博士が提唱する伝統的な高炭水化物中心の食事。
   アトキンズ食:アメリカのアトキンズ博士提唱の高脂肪中心の食事。
   地中海食  :地中海沿岸諸国のオリーブ油、赤ワインと魚介類中心の食事。

 これをみると糖質と脂肪の摂取量が両極端に分かれていてどちらが正しいのかまるっきり判断できません。
貴方は高脂肪食を選びますか?
いや、それとも高炭水化物食でいきますか?
もう好みの問題?

 第2次世界大戦前、1940年頃、ましてや戦争最中は日本人の食事は極端な低脂肪,高糖質食でした。代表が日の丸弁当です。
白いご飯の真ん中に梅干しが1ヶ。憐れでしょう?
でもこれすら満足に食べられなかったんです。戦争末期は。

 そして戦後,世界を驚嘆させた高度経済成長とともに日本人の脂肪摂取量が増大しました。貿易の拡大で世界中のタベモノが豊富に庶民の食卓にでまわりました。日本人はせっせと肉類をはじめとする高タンパク,高脂肪食への道をあゆみはじまました。
 しかしそれでも1日30グラム以下でした。
ここ20数年は、日本人の脂肪摂取量は20グラムそこそこで推移しています。

 毎日50グラム以上も食べる欧米人から見たら羨ましい低脂肪食です。

それにも拘らず日本人の糖尿病罹患率が上昇している理由は何でしょうか?
 老化による膵臓機能が疲弊してしまいインスリンが食事の量に応じて必要なだけ分泌されないからでしょうか。
糖尿病発症に
20グラム程度の脂肪摂取量と低カロリー摂取とは無関係のはずですが,
何とか関係ずけようとする論争もさかんです。
 かなりの程度に食事が欧米風に変わったと言っても。脂肪摂取の絶対量がひきすぎ、
摂取カロリーも平均すると欧米人より遙かにひくいんですから。それなのになぜ、
日本人に糖尿病が激増してるか正確な理由はまだ解明されていません。
単純に摂取カロリーそのものが脂肪摂取量より関係が深い?


 長い歴史を持ち、糖尿病で苦しんできた人々の救世主であったインスリン療法も時代とともに大きくかわりました。
24時間以上作用が持続するものが登場しました。
mあtあ DPP-4阻害薬が内服材として主役の座に躍りでました。

そして数年前からインクレチン製剤が登場して新たな段階にはいりました。
 新薬インクレチンの注射は肥満をおこしません。
 またインクレチンには当初の高血糖を低下させる作用だけでなく,
生理学的に重要な機能を持っていると言われています。

現在はさらにSGLT2 阻害剤と言う新薬が脚光をあびてます。

これら新薬のさらなる効能の解明が期待されるところです。


 人間はじっと寝ているだけでも1200キロカロリーは生命保持のため必要と考えられてきました。
しかし、「寝たきり老人」は胃瘻を作って一日800キロカロリーで何年も生きています。
人間は1200キロカロリーも最低限のカロリーは必要ないようです。

で2000キロカロリーも食べ続けると、すぐに体重が増えるのです